nhk配信

韋駄天/最終回/動画/47話/大河ドラマ/再放送/pandora/Dailymotionまとめ

韋駄天/最終回/動画/47話/大河ドラマ/再放送pandora/Dailymotionまとめ

2019年12月15日20時からNHK総合で『韋駄天~東京オリムピック噺(ばなし)~(47)「時間よ止まれ」』が放送されました

見逃した方も

 

韋駄天47話/動画/第47話/見逃した配信再放送/12月15日無料視聴見逃し配信まとめにつきましては
 

下記で
(全話フル無料視聴できます)

 

↓ ↓
 

韋駄天/最終回/動画

 

韋駄天/無料/動画/最終回/47話//2019年NHKドラマ内容

 

1964年10月10日。東京五輪開会式当日。田畑(阿部サダヲ)は国立競技場のスタンドに一人、感慨無量で立っていた。そこへ足袋を履いた金栗(中村勘九郎)が現れ−.

番組内容

1964年10月10日。念願の東京五輪開会式当日。田畑(阿部サダヲ)は国立競技場のスタンドに一人、感慨無量で立っていた。そこへ足袋を履いた金栗(中村勘九郎)が現れ、聖火リレーへの未練をにじませる。最終走者の坂井(井之脇海)はプレッシャーの大きさに耐え兼ねていた。ゲートが開き、日本のオリンピックの歩みを支えた懐かしい面々が集まってくる。そのころ志ん生(ビートたけし)は高座で「富久」を熱演していた−

韋駄天/大河ドラマ/最終回/動画/第47話/出演者/キャスト

 

阿部サダヲ,中村勘九郎,星野源,松坂桃李,安藤サクラ,前野健太,角田晃広,黒田大輔,平原テツ,須藤蓮,森山未來,神木隆之介,荒川良々,川栄李奈,池波志乃,小泉今日子,桐谷健太,増子直純ほかほか

 

韋駄天/動画/最終回/47話/無料NHKドラマ視聴者評価

 

 
今回は、対象となる時代が長いため、金栗四三と田畑政治の2人を主人公にして描かれています。

そのため登場人物が多くなってしまうのは仕方がないにしても、継続して視聴するには長く感じてしまいました。

そして2人の時代をつなぐ役割として古今亭志ん生の半生まで入れてしまうと、早く次に進んでほしいと思ってしまいます。

しかし、名場面と言える回はいくつもありました。

金栗がオリンピックを終え女学校の教師となり、学生たちがスポーツに目覚めたのに父兄がやめさせようとします。

それに憤慨した金栗が説得のために父兄たちに対し語る場面は、現在の男女差の問題にも通じる素晴らしいものでした。

そして、第2次大戦前の東京オリンピック招致の話では、スポーツの平和利用のことも描かれていますし、人見絹江や前畑など記録でしか知らなかった選手の活躍も目の前で見ているような体験ができました。

志ん生の部分でも、弟子の五輪が金栗に憧れてマラソンをしていたシマの孫だったという事実など物語とリンクさせて盛り上げています。総集編でもいいので、もう一度作品全体を見て欲しい。

オリンピックを祭りのように扱ったり当時の日本を懐かしんだりするのではなく、日本のスポーツの歴史が描かれた良い作品です。それだけに評価が低いのが残念です。

 

韋駄天/動画/最終話47話/までのNHK感想

 
最初は主人公が歌舞伎役者の中村勘九郎であったので違和感を感じながら見ていたが主人公の方の熱演もあり回数を重ねることに違和感はなくなっていきました。

また落語とオリンピックの話を同居させるという手法は今までの大河ドラマにはなかった手法で新鮮であった。

また萩原健一の遺作ともなり世間的な注目も集めることができた作品だと思う。

途中でピエール瀧やお笑い芸人の徳井は脱税問題などあり麻薬問題では途中で降板してしまったが脱税問題の方は最後まで大松役として演じ放送していた。

同じ犯罪者であるのになぜ・・と放送倫理に疑問を感じた。

降板者で出たことでドラマ全体の雰囲気が変わってしまった気もするが役所広司や終盤は田畑役の阿部サダヲが熱演をしてくれて非常に盛り上がったと思う。

ドラマの最後の方は政治とオリンピックという駆け引きの中でそれでも自分たちのやりたいことをやり抜いていくとう姿勢には感銘を受けた。

また平沢和重役の星野源もクールや役柄でありがら沖縄の聖火到着の日本国旗掲揚の件では「しれーっとやっちゃうですよ」とくだけた面をみせてくれて共感を覚えた。

来年はオリンピックイヤーでもあり国営放送のNHKとしては来年の東京オリンピックを盛り上げなければならない立場であるので半ば強引な描写もあったと思うがオリンピック前年の盛り上げ役としては十分であったと思う。

 

韋駄天/動画/最終話47話/までのNHKネタバレ

 

最初に大河ドラマで1964年の東京オリンピックをテーマにすると知った時は、どうせ2020年の東京オリンピックに向けた、五輪万歳のプロパガンダ的な作品になるのだろうと思ってあまり期待していませんでした。

しかし実際に作品を見て、最初の考えが間違いだったことがわかりました。

『韋駄天』の魅力は、オリンピックやスポーツの負の面がしっかり描かれていることです。

しかも、スポーツに政治が介入することの危険性、アスリートに国家を背負わせてしまうことによるプレッシャーなど、現代のスポーツにも通じる問題も多いです。

ストックホルムオリンピックにおける猛暑の中でのマラソンなどは、来年のオリンピックとも完全にリンクしています。

プロパガンダどころか、むしろ2020年の東京五輪に喧嘩を売るような作品になっており、宮藤官九郎氏はじめスタッフの方々の気骨を感じられます。

主人公の一人である金栗四三は、偉大なマラソンの父としてだけではなく、家庭をかえりみないダメな人物としても描かれています。登場人物を美化しすぎない、それでいて視聴者が親しみを感じられるように描写する、このバランス感覚も流石という他ありません。

視聴率は振るいませんでしたが、『韋駄天』が後世に伝えられるべき名作であることは間違いないと思います。
 
戦国時代や明治維新時代の歴史物とは違って、東京オリンピックを応援し盛り上げようという気持ちで観ています。

最初は時代が行ったり来たりしていて観づらいと思っていたのですが、だんだん慣れてきて、それもまた楽しくなってきました。

一番好きな登場人物は、役所さん演じる嘉納治五郎先生です。

スポーツとオリンピックへの情熱を一生懸命に注ぐ人を愉快で明るく演じていらっしゃるので、本当に楽しかったです。治五郎先生が亡くなった時は、治五郎ロスになってしまいました。

次に好きなのは、阿部サダヲさん演じる田畑政治です。

本当によく喋る人物だったみたいで、実際に近くにいたら引いてしまうけど、この時代にこんなに熱い人がいてくれたから、今を生きる私達はオリンピックを好きになることが出来たのだと感謝の気持ちでいっぱいです。

大地震も、戦争もあったのに、政治に翻弄されながらも東京オリンピックのために粉骨砕身した人達の奮闘ぶりを垣間見ることが出来るドラマでした。

もうすぐ終わってしまうんですね。

愉快な登場人物達にも会えなくなってしまうなんて、まさに韋駄天ロスになってしまいそうです。お祭りが終わってしまうような…。

かつてオリンピックに情熱を注いだ人達に想いを馳せながら、来年の東京オリンピックを応援したいと思います。

まとめ

 
東京オリンピックに向けて製作されたこの作品ですが、まず率直な感想は面白いです。

出演キャストにNHKをぶっ壊されそうになったり、実際のオリンピックに向けても様々な問題が浮上していく中で真面目に淡々と進行していくこの熱い作品。
色々な角度から楽しめると思います。

まずはさすが宮藤官九郎といった時系列のねじれをうまく使って過去と1964年をリンクさせていく見せ方、ふとすれば少し理解に苦しむ方々もいたのでしょうが時系列を無視しても楽しめるキャスト陣の抜擢でこういった映像作品を残せるのはさすがの一言です。

次に歴史的に見れるオリンピックです。

日本のスポーツに対しての考え方や鎖国体制終了後の日本国内・海外との関係は教科書を眺めるよりもより深いところまで学ぶことができます。

最後に現代との比較です。

これがまさに狙いの1つだと思いますが、過去のオリンピック・1964年の東京オリンピック・そして2020年の東京オリンピックを横並びにも縦並びにも比較することができるようになっています。

オリンピックに対しての選手・指導者・政治家・国民の思いは日々、変わりつつもその熱量はきっとどの世代も負けず劣らずのはずです。

様々な角度から見ることによってより厚みを増しながら、現代に近くにつれこの作品は面白みを増していきます。

 

この大河ドラマはいろんな点で異例の作品だったと思います。

まずそれまで戦国時代から安土桃山時代、あるいは幕末明治維新にかけてを舞台とすることが多かった大河ドラマにおいて、明治時代の終わりから大正時代を経て、昭和時代前半までの、かなり新しい時代を舞台とした点です。

更に、大河ドラマでは、特定の歴史上の人物を主人公に据えることが一般化していましたが、『韋駄天〜東京オリムピック噺〜』は、日本におけるマラソンの先駆者である金栗四三と、東京オリンピック招致に奔走した田畑政治という2人の主人公をリレーする形式で描かれた上な、オリンピックに関わる様々な人物にもスポットライトが当てられる、事実上の群像劇となりました。

これも来年2020年に東京夏季オリンピックの開催を控えてのことでしょう。

結果として視聴率の数字は振るわなかったようですが、このドラマが制作・放送された社会的な意義が大きかったと思います。

大河ドラマとしては異例の近現代劇であったことや、これからオリンピックを開催しようとしている日本国民に対して、前回の東京オリンピック開催に向けてどのような人々がどのように行動したかを知らせる良いきっかけとなったからです。

初めは今までの大河ドラマと印象が違っていて入り込めませんでしたが、回を重ねるにつれて少しずつ面白くなってきた。

私は若い世代ですので昔の東京オリンピックに関してそれほど関心がなかったからです。

しかし見ていると登場人物の個性が非常に際立っており、大河ドラマにしては大げさな役作りと演じ方にハマっていきました。

戦争時代の日本がどれだけ国際平和や国際協調の中で難しい立ち位置だったか思い知らされます。

東洋の小さな国の日本でオリンピックを開催することがどれだけ大変だったかわかります。

日本は現在でも水泳競技が強いですが、あの時代にアメリカに勝つため一生懸命努力した結果が現在の水泳大国の日本に繋がっていると思うと見ていて感慨深かったです。

配役も有名どころが出演しているので、見ていてとても役がうまく入り込めます。初めのマラソンのストーリーの際にはあまりも知らないことばかりで興味が湧きませんでしたが、水泳や陸上などに幅が広がっていきとても楽しく拝見しています。

あまり視聴率が芳しくないと聞きましたが、回を重ねるごとに楽しく見ることができています。

NHKも今までと違った番組構成で色々工夫しているのだと素直に驚きました

今の時点よりも、後世になってから再評価されそうな作品だと思いますね。

 

韋駄天動画47話/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)ないときは

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

韋駄天